【最新版】パーソナルカラー「似合う色」を決めるのは肌の色ではなく「印象」です。

パーソナルカラー診断

こんにちは!埼玉:川越のイメージコンサルタント加藤まりです。

色白だとブルベ、肌の色が黄色いとイエベだと思っていませんか?

パーソナルカラー(似合う色)を決めるチェックリストの中には肌の色も入ってきますが、肌の色はただ一つの要素に過ぎないのです。

もともと日本人は黄色人種ですから、「黄色っぽい」のがデフォルト。もしも肌が黄色っぽい人がみんなイエベだとしたら、日本人はみんなイエベの人になってしまいます。

実際に、日本人で一番多いとされているのがブルベ夏。つまり「似合う色」は肌の色だけでは判断されていないことがわかりますね。

では一体、似合う色はどのように判断されているのでしょうか?

本日の記事ではパーソナルカラーの診断方法についてお話ししていきます。ぜひ最後までご覧ください♪

パーソナルカラー診断とは

まずは一番の基本から。

パーソナルカラーとは「その人の顔を一番よく見せてくれる色」のこと。

こちらのお客様のパーソナルカラーはブルベ冬ウィンターです。

ビフォーの淡い色もお似合いですが、ウィンターの「強い色」をあてると、より立体感が生まれてお顔立ちがはっきりして魅力が増しているのがわかります。

似合う色とは顔に調和する色なので、その方の顔にどんな特徴があるのかを見ながら進めていきます。

つまり、似合う色とはお顔全体の印象に深く関わりがある、ということなのです。

自分の「印象」を知る方法

お顔全体の印象がわかるのが顔タイプ診断です。

顔タイプ診断では「世代感」「パーツの形状」という主に2つの要素から8つのタイプに分類していきます。

自分の顔タイプを知り、さらに自分の体型(骨格)を知ることで、あなた全体の印象がわかります。

あなたに似合う色とは

色にも「印象」があり、人の心理に色は深く関わってきます。

例えば赤はリーダーの色。青は冷静。緑は信頼、など。

銀行の看板は信頼できる青や緑が多いし、道路標識には目立つ黄色が使われています。企業のブランドカラーにも色の効果が大きく利用されています。

「色の印象」を「あなたの印象」に結びつけることができれば、あなたに似合う色がわかるのです。

似合う色がわかる!埼玉:川越でパーソナルカラー診断

あなたに似合う色、印象、骨格全てがわかるトータルプロデュースコース!

おかげさまで12月は満席となっております。

現在、2023年1月のご予約を受付中♪土日は埋まるのが早いです。早めのご予約をお願いいたします♡

似合う色を知って、今後の失敗しない服選びに役立ててくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました♪

コメント